冬の長崎2008表紙へ戻る



 ブラウザの文字のサイズは『中サイズ』に対応しておりますので、中サイズに設定され
 ますと、ご覧になりやすいです。


 2月15日(金)

 寝坊して5時半ごろ目覚めたので、予定より1本遅れた長崎6時半発『特急かもめ4号』で
 博多へと向かうことに変更した。6号車自由席1番D席に座る。始発の長崎からは6号車は
 10人程度の乗車だったが、浦上駅から30人ほどが乗車してくる。次の諫早で20人ほどが
 下車してまた20人ほどが乗車する。佐賀駅で6号車は満席となり、きょうもグリーン車を除
 く指定席が自由席として開放された。順調に進んで、8時35分に博多3番のりばに到着す
 る。中央改札を抜けて地下鉄ホームへと階段を下りていく。福岡市営地下鉄博多駅2番の
 りばから、8時43分発姪浜(めいのはま)行きで天神(8時49分着)で下車する。天神から
 西鉄福岡天神駅へと乗り換えのために『←西鉄電車のりば』の案内表示を頼りに進んでい
 く。地下鉄から西鉄電車への乗り換えは相変わらず慣れなくて、西鉄電車のりばへの案内
 表示が無いと、とんでもない所に出てしまう恐れがある。

 3番のりばの9時00分発大牟田行き特急で二日市を目指す。9時13分に西鉄二日市に到
 着、ここで9時21分発太宰府行き普通電車に乗り換える。ボクの左側扉挟んで向こう側で
 お掃除のおばちゃんが読み捨てられた新聞紙を小さくちぎっている。『なんで?新聞紙をわ
 ざわざ小さくちぎる必要があるのか?水に湿して撒いて床を掃くために使うのか?』小さく
 ちぎる意味がわからない。単にお掃除のおばちゃんのストレス解消なのか?次の五条に停
 車して太宰府駅に9時27分に到着する。すでに電車内で膀胱がバンパンになっていたの
 で、駅のトイレで用を足して参道を歩いていく。まだ早いのか?参道はガラガラである。突
 き当りを左に折れて、二連の太鼓橋を渡って進んでいく。手水で清めて楼門をくぐり境内へ
 と進むと、なにか雅楽のような曲が流れていて、巫女さん2人が『梅の舞』の練習なんでしょ
 うか?ラジカセから歌を流して手に梅の小枝を持って梅の舞()()を奉納している。それ
 を最後まで眺めて、梅の舞が終わったので、拝殿で一年間の無事を感謝して参拝を済ませ
 る。右側にある飛梅は八分咲きで、左側の紅梅と皇后の梅は6分咲き程度となっている。
 楼門をくぐって左へと進んで九州国立博物館天満宮アクセスへと進んでいく。

 長いエスカレーターを2機乗り継いで、次は動く歩道がある虹のトンネルを進んでいく。一昨
 年は時々激しい雪が舞う日でしたが、きょうはどんよりと曇っているが雨の心配はなさそう
 である。プレハブ式のチケット売り場が正面表にあったのだが、やはり仮設だったようで、
 今回は1階ロビーで購入するシステムに変わっていた。チケット売り場で、共通入場券代
 1,300円を支払って購入する。横の自動券売機でも買えるらしい。長いエスカレーターで3
 階の特別展示室へと進んでいく。『足利義満六百年御忌記念 京都五山禅の文化展』を鑑
 賞する。仏像や墨絵などの展示物を順に巡っていく。一通り見終わったので2階へと下り
 て、常設展示室の縄文時代から各部屋を巡っていく。途中の装飾古墳バーチャルシアター
 で古墳内部の壁画を鑑賞する。順番に小部屋を巡っていると、地元福岡の中学生?がゾ
 ロゾロ入場してきて、各班ごとに調べるテーマごとに分散して行く。ガヤガヤとやかましくな
 ってきたので、ボクはそそくさと出口から出て行く。エスカレーターで降りて1階ロビーから表
 へと出てきて、外のエントランスで灰皿のあるベンチにて一服(^。^)y-.。o○させてもらう。
 
 11時半を回ってお昼に近いので、先ほどの中学生が表のベンチへと出てきて、お弁当を
 広げてお昼ごはんが始まった。またココでも騒がしくなる。『そろそろ時間かな?』と九州国
 立博物館を後にする。虹のトンネルを進んで、長いエスカレーターを2台乗り継いで天満宮
 アクセスから太宰府天満宮の参道へと出てくる。左に折れて二連の太鼓橋を渡って参道商
 店街の中を進んでいく。参道向こう側(駅方向)からガイドさんの旗に続いて中学生?の団
 体(総勢100人くらい)がやってくる。ご贔屓の『やす武』さんで、梅ヶ枝餅5個入りを買って
 太宰府駅へと進んでいく。毎度の事ながら、福岡天神までの切符を買っているときに、二日
 市行き普通電車が出てしまった。しばらく太宰府駅2番のりばで次の電車を待つ。5分ほど
 すると電車が入線してくる。お客さんがどっと降りて11時57分発二日市行き普通電車
 変わる。12時02分に西鉄二日市2番のりばに到着、エスカレーターで上って跨線橋で6番
 のりばへと移動する。西鉄二日市6番のりば12時08分発福岡天神行き特急で福岡天神
 に12時22分に到着して、地下へと降りて行って福岡市営地下鉄で博多駅へと戻ってくる。

 13日にヤマダ電機デックランド長崎本店で購入した4GBのUSBメモリが容量いっぱいにな
 ってしまったので、ヨドバシカメラ福岡店で同じエレコムの4GBのUSBメモリを購入する。博
 多駅に戻ってきて、『そうだ!博多駅地下一番街のカレーショップシェフでカレーでも食べる
 か。急にカレーが食べたくなった』と新駅ビル建設工事中の博多駅構内で、博多一番街へ
 の階段をグルグル回って探したがまったく見付からない。『おっかしぃなぁ???どうしてな
 いんだろ?』以前あった博多駅地下一番街へと通じる階段の入り口をやっと見つけたが、
 閉まっていて貼り紙がしてある。『あら〜!閉鎖かよ!』見てみると、どうやら博多駅地下一
 番街は去年の3月31日を持って博多駅新駅ビル工事のために閉鎖されてしまったらしい。
 4・5店舗の行き先は書いてあったが、肝心なカレーショップシェフの行き先は書いてなかっ
 た。『
カレーショップシェフは、どこへ行ったんだぁ???』ココはねぇ、駅のすぐ下だから
 便利だったんですよねぇ!それにバラエティー豊かでね。ごはん時になると出張組や旅行
 客で混雑していたんですよ!これ工事終わったらまた復活するのでしょうか?永久に無くな
 るのか?カレーショップシェフのカレーが食べられなくなってしまって、残念でなりません。
 『もう、あのカレーは食べられないのかぁ・・・・・』ガッカリして博多デイトスへと入っていく。吉
 野堂さんで会社へのお土産の『ひよ子』を買って『博多の女』を買うためにグルグル探して
 回っていると、元気な明太子屋さんのおばちゃんに危うく捕まりそうになる。間一髪すり抜
 けて博多デイトス入り口へと戻ってくる。『あ〜驚いた!あのおばちゃんに捕まるとヤバい
 んだよなぁ!オレ、気が小さいからなぁ・・・・・・』昔捕まったことがあるんですよ!5年前でし
 たか?小倉駅の通路の売店のおばちゃんのように、勢いに負けまして明太子を購入させて
 いただきました。結局博多デイトスでは『博多の女』は見つからなかった。藁をも縋る思いで
 KIOSKを覗くと『博多の女』が売っていた。『あッ!あった!これお願いします』博多の女36
 個入り(1,575円)をひとつ購入する。『さてと、博多駅地下一番街が閉鎖じゃなぁ!・・・、お
 昼はどうするかなぁ??』と、博多デイトスから出てくると、左手側にケンタッキーフライドチ
 キンが・・・・、『ん〜・・・・・・ココでいいや!』と、博多デイトス横のケンタッキーで列車内で食
 べるお昼ご飯を購入する。

 13時20分過ぎに4番のりばに上がっていく。すでに4番のりばでは折り返しのための車内
 の清掃作業が始まっている。約30分ほど待って6号車に乗り込む。博多駅4番のりば14
 時02分発かもめ25号6号車8番A席に座る。金曜日のためか?すでに博多駅で6号車は
 満席となり、デッキに立っている人も居る。発車時刻になったので、ゆっくりとかもめ25号
 博多駅を離れる。次の鳥栖では乗客の乗り降りが無かった。やはりきょうも佐賀駅で6号車
 の約半数が下車した。残っているのは諫早あたりから浦上か終点長崎まで向かう人たちら
 しい。ボクの通路挟んで向こう側のC・D席に座っている20歳代の女性二人は、旅行者で大
 きなスーツケースを膝の前に置いている。このお嬢さん二名は、浦上駅で下車した。15時
 54分に長崎駅4番のりばに到着する。

 そのまま長崎電気軌道の長崎駅前電停から『1号系統正覚寺下行き』で築町電停で下車し
 て、新地中華街の中を通って湊公園会場へと足を運んでいく。30分ほど座って見られるベ
 ンチのいちばん後ろに立ってイベントの開始を待つ。17時のチャイムが鳴って緑ヶ丘保育
 所の園児さんによる『こども龍踊り』が始まる。前のベンチに座っているおばあさんから『前
 の人座ってくださ〜い!』とベンチとベンチの間に立っている保育園児の親御さんに抗議の
 声を上げている。見てみると、帽子の所に『西鉄旅行 バスハイク』のシールが張ってある。
 福岡県からの団体旅行のおばあさんらしい。
各楽器の紹介ではキャンキャンの時に、8日
 の時点では男の子ひとりでしたが、『おおッ!きょうは相方が居るじゃん!よかったよかっ
 た!』キャンキャン担当の男の子も『
おい!みんな見てくれよ!今日はひとりじゃないよッ!
 この前風邪で休んでいた相方が居るんだゼ!
』と、8日のような不貞腐れた様子は無かっ
 た。こども龍踊りが終了して、50分ほどインターバルがある。その間にベンチとベンチの間
 の空間に、中国獅子舞用の鉄製の頑丈な台が組まれる。ボクは北島商事さんの焼き鳥を
 つまみにキリンのクラシックラガーを買って石段のところで一杯やる。30分前に座って見ら
 れるベンチのいちばん後ろに立って待機する。中国獅子舞(映像)が始まり、採青(さいち
 ん)の花束は12日とは反対の舞台向かって左側に放り込まれた。きょうは台での獅子の演
 舞は事故もなく無事に終了する。20分間のインタバールの間に台を急いで撤収している。
 続いて19時10分からSissi-ji(シーシジー)さんの二胡演奏が30分間披露されて、20時か
 ら琉球國祭り太鼓エイサー()()が始まった。デジカメで何枚か撮影したが、2GBのSD
 カードが容量いっぱいになってしまったので、もう撮影できない。後ろを振り返ると、背の低
 いおばさんが居たので、『前へ出られますか?』『いいんですか?』『ええ、デジカメの容量
 がいっぱいで、撮影できないのでもう帰りますから』『すみませんねぇ!みなさん笑顔がいい
 ねぇ!』ビールを売っているところで、『バンザイサイダーを1本ください。あの、お土産用に
 しますから、栓は抜かなくていいです』『抜かなくていいんですか?』『はい、お土産用にしま
 すから』と、お土産用に1本買ってホテルへと戻ってくる。

 
毎年長崎ランタンフェスティバルには、長崎県外の観光客は、九州各県から来られた
 観光客がいちばん多いそうですが、特になぜか?熊本県から来られた観光客がダン
 トツなんだそうです。ボクが聞いたいちばん遠くからのお客様は、中米のグァテマラと
 コスタリカだったかな?司会の方が話されていました。たぶん日本への留学生か研修
 生ではないかな?



                                                        ページTOPへ
  冬の長崎2008表紙へ戻る